サイトメニュー

注射するならば

看護師

効果やその種類を理解する

最近は、ボトックス注射で小顔にする人が増えてきています。ボトックス注射ができる前は、エラ骨削りが一般的に行われていました。ただこの方法は全身麻酔をしなければならないだけでなく、口の内側から骨を削っていくことになるため大規模な手術になることが多いです。この、ボトックス注射は、注射を打つだけで小顔にすることができますので非常に人気が高いと言えるでしょう。効果は、十分すぎるぐらいありますが、すぐに見た目が変わるとは限りません。よくある誤解は、注射をしたその日のうちに顔の大きさが変化しないといった内容です。実際に、本格的に効果が出るのは翌日以降になるでしょう。十日もすれば確実に顔が一回り小さくなります。ただ、注射した瞬間から、少し顔の筋肉がこわばるような感じになるでしょう。これ自体は、効いている証拠ですので、数日もすればしっかりとした結果が出やすくなります。後は、どれぐらいまで効果が持続するかが問題になります。おおよそ半年ぐらい持続しますので、それから半年に一度の頻度でボトックス注射を打てば小さな顔を維持することが可能です。

小顔にするためにボトックス注射を打つ場合、どのような種類を使ったらよいか気になるところです。なぜなら、小顔にするためのボトックス注射の成分も値段が随分と異なるからです。例えば、韓国産の安いものならば1本当たり\2000程度で打つことが可能です。実際に、あまりお金を使いたくない人のために、韓国産の注射を大量に仕入れて施術しているようなクリニックもあります。もちろん価値観の問題ですので、安いものを使っても何ら問題はありません。ただ、効果が十分に表れるかといえば必ずしもそうとは限りません。では、金額が高い方はどうでしょうか。金額が高いといっても1本当たり\5000から\10000の間になりますので、法外な金額を請求されることはまずありません。一回手術しても2万円から4万円ぐらいの金額になることが多いです。当然ながら、金額が高いということは、それだけ濃い成分が入っていることを意味します。つまり、注射を打つことにより持続期間が長くなるだけでなく、目に見えて顔が小さくなる可能性が高まります。

Copyright© 2019 高い効果が期待できる方法だからこそ利用されている All Rights Reserved.